肌を大切に!エイジングケアで美肌作りを行う

レディ

保湿が大切

女の人

症状に合わせた美容成分

加齢とともに現れる肌の衰えは、一人一人症状が違います。化粧品でエイジングケアをするときは、どのようなケアをしたいかによって、配合されている成分を選ぶのがベストです。では、しみやくすみ、毛穴の開き、肌のたるみ、しわと、4つの症状に効果の高いエイジングケアの成分をみてみましょう。しみやくすみに効果の高い美容成分は、ビタミンC誘導体です。美白効果のあるビタミンC誘導体が、徐々にしみやくすみを薄くし、白く濁りのない肌へと近づけてくれます。毛穴の開きには、ビタミンC誘導体と、コラーゲンが配合されたエイジングケア化粧品が効果的です。コラーゲンが肌のハリを回復させ、毛穴がどんどん締まっていきます。肌のたるみには、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドの配合されたエイジングケア製品が良いでしょう。コラーゲンで肌のハリ、ヒアルロン酸とセラミドでしっとり感を得られるため、たるみが引き締まります。しわには、ヒアルロン酸・セラミド、ビタミンC誘導体・レチノールが配合されたエイジングケア化粧品がぴったりです。保湿をしながら、肌のハリを取り戻すことができ、しわが目立たなくなっていきます。これらすべての症状を改善できるエイジングケアをしたいときは、セラミド・ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC誘導体が配合された化粧品を使用するのがベストです。しかし、いくら有効な美容成分だからといって、即効的な効果を焦らずに、毎日地道に使い続けることが大切です。